そんでもって通販で買い物するなら絶対知っておいたほうが良いサイト





2018年12月12日水曜日

パナソニック DMR-BZT710を自分で修理ドライブVXY2135 純正品交換できる件






家電でも自分で治せる時代。パナソニック DMR-BZT710ドライブ交換できました。



一昔前であれば家電の故障はメーカーのサポセンに相談してサービスマンを呼んで直してもらうか、電気屋に持っていって手配してもらうのが当たり前でした。


今回ブルーレイ&ハードディスクレコーダーのパナソニック DIGA DMR-BZT710のブルーレイドライブが故障。


うちのブルーレイ再生&録画の主力機



















DVDやブルーレイに焼いているうちに段々とDISKを認識しなくなっていき、セルDVDやブルーレイですら再生中にブロックノイズが連発し、とうとうDISKを認識しなくなりました。

家にあったDISKクリーニング用CDでクリーニングしてみたけど改善の余地無し。


当然ながらメーカー修理を考え、ヤマダ電機に持っていって修理代行をお願いしにいったのですが、その時のヤマダ電機の担当者(AV機器にかなり詳しい店員さん)から、恐らく3万近く修理代が掛かると言われました。


3万かあ~~。修理するなら新しいハードディスクデッキを買うかなあと悩むところですが、やっかいなのはDMR-BZT710の外付けHDにコピーした録画はこの機器でしか再生できないということ。いわゆる“機器縛り”というやつ。


ヤマダ電機の店員さんの話によると何年か前の機種からは機器縛りが無くなったそうだけど、DMR-BZT710に関してはドライブユニット交換するか、ハードディスクが壊れるまで使うしかないとのことだった。


うちのDMR-BZT710は内臓500GB&外付け2TBHDにかなりの録画をしてて、できたら外付けHDの内容はブルーレイに残したいものがかなりある。


3万も掛かるんじゃあハードディスクが壊れるまで使うかなあと思って数ヶ月が過ぎ、先日価格コムのDMR-BZT710の口コミ情報を見ていたら、


VXY2135の交換作業自分でできました」


なる書き込みを発見。んで、調べてみたらVXY2135というのはDMR-BZT710のドライブユニットの純正部品の名前で、結構簡単に交換できるとのことでした。


YOUTUBEで「DMR-BZT710修理」「VXY2135交換」で検索するとドライブユニットの交換方法の動画がUPされていました。


なんだあ。部品さえあれば自分で交換できちゃうんじゃん。家電=メーカー修理の図式しか頭に無かった自分の検索能力の無さに意気消沈。


ただ問題なのはDMR-BZT710が2012年 2月20日発売の製品の為、ドライブユニットのVXY2135が手に入りにくくなっているようです。


Yahoo!ショッピングに取り扱っているショップがありましたが、在庫無し。


メーカーの純正部品を扱っているショップの通販がありましたが、楽天、Yahoo、Amazon以外信用していないので、どうしたものかと思っていたらヤフオクでVXY2135を販売しているショップを発見。13,900円即決だったので、そこから購入しました。
(結局純正部品を扱っているショップだった模様)








パナソニック DMR-BZT710ドライブ交換チャレンジ


修理状況をブログに載せようと手順ごとに写真を撮りましたが、YOUTUBEや他にも同じねたのブログ記事が沢山アップされているので修理手順ごとの写真は割愛。要点だけ紹介します。


自分で修理してみたい方はYOUTUBEで探してみてください。よほど不器用じゃない限りは
プラスドライバーとマイナスドライバー(マイナスドライバーは爪をこじ開ける時に使うので、無くても修理可能です)が各一本ずつあれば簡単に交換できます。


本体上に乗せているのがビニールに入った新品の純正
ドライブユニットVXY2135




















おおまかな交換修理の流れは、


①本体左右のプラスねじ1本ずつ計2本を開ける

②本体後ろのプラスねじ3箇所計3本を開けて、本体の天板をスライドさせて外す。

③B-CASカードを出す。

④前面パネルを外す。左右の爪、真ん中の爪、下側の3箇所の計6箇所の爪を外す。指でも外せるがマイナスドライバーがあると楽。

⑤ドライブユニットを固定しているプラスねじ4箇所を外す。

⑥ドライブユニットと本体に接続してある白と赤のコネクターを外す

⑦古いドライブユニットから白と赤のコネクターを外し、新しいユニットに付け替える。

⑧新しいユニットを本体に戻し、白と赤のコネクターを本体と接続。

⑨新しいユニット4箇所をプラスねじで固定。

⑩前面パネルをはめて戻し、天板を戻し、後ろ3箇所と左右2箇所のネジを戻して終わり。




10項目合って面倒っぽいですが①~⑦までできればあとは戻し作業なので簡単。


ブログの写真を撮りながら1時間ほど掛かりましたが、実際は15分もあれば終わる作業です。



古いドライブユニット。ほこりだらけ、、、






















天板を開けてみてわかったんですが、内部にこんなにも埃が入るもんなのか。こういう埃がピックアップレンズについたりして故障の原因になるのかも?




左が古いユニットで右が換装ずみ新品ユニット

















ユニットについているコネクター






















プラスドライバーで開けるネジは問題なく開けられるのですが、前面パネルを固定してある爪とドライブユニットに刺さっているコネクターを抜くのがちょっとてこずるかも。上の写真の赤いコネクターがなかなか上手く抜けないけど、根気良く左右に揺らしながら抜くと抜けます。




ドライブユニットと本体をつないでいるコネクター


















HDDではなくブルーレイドライブユニットの交換だったので、内蔵&外付けHDの内容も問題なく残っていました。早速外付けHDに溜まった録画をブルーレイRDLに焼いてみましたが問題なく焼けていました。




パナソニックのメーカー修理料金の目安がわかるサイトがありました。


パナソニック修理診断ナビ


このサイトによるとDMR-BZT710の検索結果が出てきませんでした。メーカー保障は無いわけではないと思いますが、似ている品番で調べたところブルーレイの交換修理代はやはり24,000円+恐らく技術料6,000円?


ヤマダ電機の店員さんが言ったようにやはり3万円はかかってしまいますね。


今回ヤフオク即決落札価格13,900円+送料640円ほど(履歴で送料わからずうろ覚え)


メーカー修理との差額は15,500円ほどでしょうか。もっと早く知りたかった、、、、。


ヤマダ電機の店員さんは知らなかったとは思えないから、せめて「部品取り寄せで自分で交換簡単ですよ」と教えて欲しかったけど、私に修理を諦めさせて新しい機種を買わせるのも商売だから仕方ないか。


この記事を読んでよし自分もやるぞという方いらっしゃいましたら、あくまでも自己責任でお願いします。


安心・安全な修理を希望する場合はやはりメーカー修理を頼んだほうが無難でしょう。







2018年12月10日月曜日

PAYPAY登録したいのにアプリ再起動でSMS認証ができない場合





PayPayのSMSは届くがマルチタスク画面切り替えするとPayPayアプリが再起動してしまう件




2018年12月になって世間を騒がせているPayPay


そりゃそうですよ。20%がポイント還元されるとあればこれを使わない手はない。

PAYPAY 公式サイト


宮川大輔なのか?


















1万円の買い物をすると20%の2000円分ポイントが付くんですね。


しかも『100億円あげちゃうキャンペーン』は

・PayPayで支払ったら20%戻ってくる!
・さらに抽選で40回に1回の確率で全額(10万円相当まで)戻ってくる
・Yahoo!プレミアム会員なら確率が20回に1回
・ソフトバンク、ワイモバイルユーザーなら10回に1回


なんと10万円相当までなら全額戻ってくるなんてすごいこともやっています。

しかもソフトバンク、ワイモバイルユーザーなら10回に1回の確率で全額戻ってくるじゃあありませんか!


私もYmobileユーザーなので使わないわけにいかない!



なんでこんな太っ腹なキャンペーンをやっているかというと、PayPayの株主は


ソフトバンク株式会社

ヤフー株式会社


の2社。圧倒的なキャンペーンを打ってLINEPayやら楽天Payなどの牙城を崩そうという狙いがあるようです。



とまあここまでは割と知られてる情報でしょうか。



今回不便で仕方が無かったのはこのPayPayアプリで初期登録をしようにもなかなかできなかった件に関して解決に導ければと思います。



初期登録ができない場合の症状としていろいろあると思いますが、今回紹介するのは、

SMS(ショートメール)届くところまではできるのに、PayPayアプリに切り替えると再起動して初期画面に戻ってしまい、電話番号認証ができない』


に関しての紹介になります。


そもそもSMSが届かないなどの症状が出ている方はPayPayよくある質問へのリンクなどをご覧になってください。



SMS(ショートメール)届くところまではできるのに、マルチタスクボタンからPayPayアプリに切り替えると再起動して初期画面に戻ってしまい、電話番号認証ができない』


っていくらグーグルで検索しても『SMSが届かない』の情報しか出てこなかった。



SMSは届くんだよ!PayPayアプリが再起動しちゃうのはどうしたらいい?




PayPayアプリに切り替えると再起動して初期画面に戻ってしまうのは私だけなんだろうか?


ちなみにスマホはYmobileのSHARP 507shでAndroid。


SMSのメールソフトはYahooメールのスマホ用のメールアプリです。



初期登録の方法としては、

電話番号とパスワード入力からの登録

のほかに、

Yahoo!JAPAN IDで新規登録の方法があります。


どちらで登録しても携帯電話番号登録があり、SMS(ショートメール)に4桁の電話番号認証コードが送られてきます。



電話番号を確認してSMSを送信ボタンを押す




















4桁コード入力画面






















よし、SMSを確認して4桁を入力すればいいんだな!



で、スマホのマルチタスクボタン(右下の四角いボタン)を押して、メールを立ち上げてSMSを確認すると、ちゃんと4桁のコードが届いていた。


4桁コードを入力しようとマルチタスクボタンからPayPayアプリに切り替えようとすると、


PayPay初期画面























これが出て最初のID入力の画面に戻ってしまう。



ログインの画面






















え?え?また電話番号入力するの?と思いながらも今度はYahoo!JAPAN IDでログインを試みてみた。



























4桁コード入力画面
























どう初期登録しようが、必ず電話番号認証は必要になるので、結局4桁入力の画面になるが、一旦初期画面に戻ってしまうとまた電話番号を入力してSMS送信→4桁の認証番号が送られてくる。当然直前に送られてきた4桁の認証番号でなければ登録はできない。


堂々巡りを繰り返す。



PayPay初期画面























このにっくき初期画面に戻らないようにするにはどうしたらよいのか?


しかも最悪なことに上記の処理を何度か繰り返すうちにSMSの送信すらできなくなってしまった。


セキュリティー?のため、何度もSMS送信を繰り返すと送れなくなるようだ。


1日(数時間かも?)経つとまたSMSを送れるようにはなるので、初期登録でかなりのタイムロスになってしまった。


100億円のばら撒きが終わればキャンペーンは終了。20%のポイントバックの恩恵に授かれなくなってしまう。


キャンペーンの期限は2019年3月31日23:59までだが、噂では2018年内で100億円ばらまきが終了するのではないかといわれている。


2018/12/9の日曜日は家電量販店にお客が殺到したらしい。


私も気になる4Kテレビがあったのでヤマダ電機のWEBサイトを見ようとしたらアクセス集中で開かなかった。


ヤマダ電機やビックカメラは12月4日以降PayPayが使えますと公言しているので、お客が殺到したのだろう。


日テレのスッキリ!でPayPayを紹介していたが、4KTV、HDDなど高額商品を3つ買ったところすべて全額(上限10万円)が当たった人もいるらしい。


早く使わないとキャンペーンが終わっちゃうじゃないか!!!








アプリがいちいち立ち上がるのはスマホ本体の仕様なのか?


マルチタスクボタンを押してアプリを切り替えるといちいち再起動が掛かって初期画面になってしまうのはSHARP 507SHの仕様なのかもしれない。


普段遊んでいるゲームもマルチタスクボタンを押すといちいち再起動が掛かる。


ググってみたけど明確な答えは得られなかった。


ひょっとしたら何かの設定を変えればいちいち再起動はかからないのかもしれない。


スマホの処理が早くなるということで


設定→開発者向けオプション→バックグラウンドプロセスの上限


プロセスの上限:2


にしていたが、デフォルト設定の


標準の上限


に戻してみたが変らず、、、、、。



ん?待てよ。たしかアンドロイド7.0以降は2画面でアプリを操作できたはず。



全てのアプリでマルチウィンドウ機能を使う方法!


そう。マルチウィンドウ機能で問題解決できました。


PayPayアプリはこのマルチウィンドウ機能に対応しているので、問題なし。


①マルチタスクボタン(右下の四角いボタン)を押して、立ち上がっているアプリを表示。



分割画面を使用するにはここにドラッグします





















②アプリを長押しすると画面上部に〔分割画面を使用するにはここにドラッグします〕と表示されるのでそこにアプリをドラッグします。



画面上部にアプリが分割されました






















これで画面分割のやり方はわかったと思います。


厄介なのはYahooメールアプリ。なんとこの画面分割にアプリが対応していません。


初期の状態では「アプリで分割画面がサポートされていません」と表示され、マルチウィンドウ機能が起動しません。

でもアプリが対応していなくても分割できる方法がありました!!




「設定」から「開発者向けオプション」へ進み、下の方にある「アクティビティをサイズ変更可能にする」のスイッチを右にスライドしてオンにします。

※開発者オプションが表示されない方は「開発者向けオプション 表示されない」でググってみてください。きっと答えが見つかるはずです。



スイッチオ~ン!!





















それでココ重要。


Android本体を再起動します。


私は再起動していなかったので、最初上手く分割できませんでしたが、再起動したらできました。





上にPayPay下にYahooメールアプリ






やったーーーーーーーーーーー!!



2分割画面のひとつにPayPayの画面と、もう片方にメールアプリの表示ができればOK。



これでやっとPayPayの初期登録ができました。


PayPayアプリが再起動しちゃってなかなか4桁の電話認証ができない人は是非試してみてください。


LINEもこの分割には対応していないようですが、上記の設定をすれば分割表示できます。









さっそくPayPayで支払いをしてみた



上手く登録できれば、初回ボーナスで500ポイントがもらえるのと、ソフトバンク、ワイモバイルユーザーなら支払い方法の設定をすればもう500ポイントもらえちゃいます。


キャンペーン適用にはスマートログイン設定済み、またはY!mobileサービスの初期登録済みのYahoo! JAPAN IDにてPayPayユーザーID連携が必要

私はYmobileユーザーなのでクレジットカードの登録をYahoo!マネー連携でYahooに登録している楽天カードで登録して、初期登録ボーナスと合わせ1000ポイント貰えました。


初期登録500ポイント+支払い登録500ポイント





















で、PayPayの使い勝手を知るためまずは安い買い物から試してみました。



なんとPayPayでタバコを買ってもポイントバックされるという情報がネットに載っていたので早速PayPayに対応しているファミリーマートに直行。



IQOSのヒートスティック1個500円。2個買えるけど、残高1000円を超えた買い物はどうなるのか試したかったので4個買って2000円の決済はどうなるのか?






























2000円の支払い完了で、残高は1000円まんま。



つまり残高を超える金額の場合クレジットカードから引き落とされたということですね。



ちょうど1000円の買い物かそれ以下の金額ならPayPay残高から支払われたんでしょう。ちゃんと2000円×20%のキャッシュバックで400円がPayPay残高に付与される予定です(付与予定日は2019年1月10日)




これでPayPayの使い勝手は判ったので、今度はIQOSヒートスティックを1カートン5000円を買ってみた。→1000円の残高GET



調子に乗ってヤマダ電機で4Kテレビを購入。91,590円の支払いをPayPayで。
残念ながら全額当選はならなかったが、20%還元の18,318円の残高GET。



さらにファミマでIQOSヒートスティックを1カートン5000円を買って→1000円の残高GET



1月10日にはこれで20,000円の残高になる。



しかしYmobileユーザーで10回に1回の全額当選はまだ。



4KテレビにつけるHDDをPayPayで買うかな。



20%還元と全額当選の魅力に惹かれてかなり散財しそうで怖い。



ちなみに青天井ではなくキャッシュバック上限が一人50,000円までだそうです。

キャンペーン詳細


2018/12/10夕方に飛び込んできたニュースによると、100億円キャンペーンは認知度も上がりかなり効果があったようでひょっとするともう100億円追加もあるかもとのことだ。


↓Ymobileユーザーになりたい方は参照してください



競争が激しくなる前に早めに使っておきたいですね。







g+

この記事が「役に立った」と言う方は是非G+ボタンでフォローお願いいたします